2014年10月02日

キンモクセイ

キンモクセイ.JPG


クン、クンッ
何処からともなく良い香りがせぇへんですか?
あちこちの家の庭先、公園などに植えてあるキンモクセイ
濃い緑の葉っぱのなかにあるオレンジ色の小さな花の集まり。
そこから香る秋の匂い。

丹後の中には10月初旬に秋祭りを迎えるところが多い。
僕の住んでいる地区もその一つで中学生の頃から参加している。
その練習が毎晩のようにあり、練習場へ向かう夜道で
香るこのキンモクセイがとても好きなんです。
僕の記憶が確かならば
京丹後市に合併した旧町のひとつ大宮町の木でもありました。

このキンモクセイを絡めて写真を撮ろうと考えていたけど
なかなか良いポイントにこの木が見つからない。
宮福線の大江ー公庄間に並走する国道の街路樹にあったり
公庄駅前,辛皮駅のホームの向こうに小さな木はあるけど
イマイチねぇ。(乗り鉄して探してました。)

宮津線沿線のお宅の庭先で見つけたキンモクセイ。
ちょうど家のご主人さんがおられたので
お願いして庭先に入らせてもらいました。
少し小振りの木の下でしゃがみながら
良い香りに包まれて、列車を待つのも秋を感じることができて
えぇですよ。

ご主人さん、ありがとうございました。m(_ _)m
posted by chosan at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

サル

タイトルから僕を連想した人、
イエローカードですっ!

コスモス畑を後にして.JPG


またもや,日曜日の話。
由良川橋梁近くのコスモス畑で
列車待ちをしていると・・・
そばの農道をサルがタッタカ、タッタカ・・・

こりゃ、何かしでかしそうだ・・・
追跡だ!
ほどなく小さな柿林へ (やっぱり・・・)
動くものが見えたのでレンズを向けると
葉っぱの中から此方を伺っている。

御主、隠れたつもりでも解っておるわい、フッフッフ


覗き見るサル.JPG


とっさに此方を伺いながら逃走、そして姿をくらました。
ウッ、我ながら一生の不覚

逃げサル.JPG

ルパン三世の石川五右衛門風に
「また、つまらぬものを撮ってしまった・・・」


しばらくして先ほどのサルが由良川橋梁の方へ
まさか・・・
追いかけてみると由良川橋梁を渡っているではないか!
この不届きもの!
連れ戻そうと橋梁近くの築堤に登ろうとしたら
線路敷地内という結界(?)に阻まれ足が動かない。(笑)

さては、対岸の槇山のサルだな。
由良ヶ岳のサルは線路内には入らん (ホンマか?)

列車待ちに出会えたサル君のお話でした。


posted by chosan at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月30日

一足遅れの稲刈り

日曜日,岩滝口駅近くの踏切で写真を撮っていると・・・

宮ノ下踏切にて.JPG


近くでダッダッダッと小気味よいエンジン音が・・・
ふと見ると殆どの田んぼでは終わっている稲刈りが
今始まろうとしていた。
オッ,バインダーで稲刈り!懐かしい・・・
ご存じない方もおんなると思うんでチョイと説明いたしますと
今ほとんど稲刈り作業はコンバインと呼ばれる稲刈りと
脱穀(稲穂からモミを取る作業)を一度にやってくれる農作業機械に対して
バインダーってのは稲刈りと紐で束ねるだけの農作業機械。
鎌(カマ)で手刈りをしていた時代に於いては画期的な機械だった。

思わずおじさんに
「すみません,作業風景を写真撮らせて下さい。」
おじさんはチョッと驚ききながらも
「あぁ、えぇよ」

稲刈り1.JPG


写真を撮りながら一緒におられたおばさんとお話。
餅米だから刈取り時期が遅いことや、この後は稲木で天日干しすること。
そうするとお餅にしたとき味に違いがあるそうだ。
もちろん石臼での餅つきらしい。

色々話をするとおばさんの実家は僕のオフクロの実家と
同じ地区だってことでお互い世間は狭いなぁって、笑い合った。
まっ所詮、丹後の中のことだもんね

稲刈り2.JPG


僕のオフクロより歳上と思われるご夫婦。
こんなふうに二人一緒に歳を重ねられたらえぇですよね。

posted by chosan at 22:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

秋桜

日曜日、天候が良かったので沿線に秋を探しに出かけました。
お目当ては秋桜、ススキ,キンモクセイ等等
しばらく日曜日の記事が続きますが、ご勘弁を m(_ _)m

朝の野田川駅近く
近所の奥さんにご挨拶してから撮影。

野田川コスモス.JPG



ドドッと移動して由良へ,(またかっ) (笑)
側溝間際に小さな脚立をたててカメラを構えていたら、
ふらついて落ちかけた。
近所のおじさんに見られてて
笑われながら挨拶いただきました。ナハっ・・・


由良ヶ岳とコスモス.JPG


さぁ、あかまつ登場!
このとき,風が強くって秋桜が揺れる揺れる。
反ってシャッタースピードを遅くしてブラしたのも有りだったかなぁ・・・


由良ヶ岳とコスモスとあかまつ.JPG


この日,色々と記事に出来ることがあった。
一度に書くとネタが途切れるので小出しさせてもらいますね。


posted by chosan at 19:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

山ちゃん,みぃ〜っけ

http://yoroi-station.seesaa.net/article/391676304.html

以前,山ちゃんの気まぐれ鉄道写真館にあった写真。
このお方はあちこちで俯瞰撮影をされており、
今までみたことがない鉄道風景を捉えておられる。
宮津線西側での写真ではすぐに場所が特定できても
お恥ずかしながら宮津線東側や特に宮福線などは
皆目検討がつかへんのが正直なところ。

この写真を見た時はどこから撮ったんだろうと気になった。
栗田から宮津へ抜ける細い峠道があるのは知っていて
数年前にロケハンしたことがあるが全線見通しの効く場所など
なかった。
そこで写真から推定。
あの家の屋根と湾の向こうの岬を結ぶ延長線上・・・
ネット地図をプリントアウトして探してもあの峠道の途中しか
ないじゃん。

栗田に行ったときに双眼鏡で山を覗くと
んっ、木が伐採されて山肌が見える箇所が!
車を走らせ、スタコラサッサ。

おぉ、ここかぁ!
山ちゃん,みぃ〜っけ
(そんなことより直接聞けってですか?)

栗田湾俯瞰.JPG

posted by chosan at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

変わりゆく撮影ポイント

ここ最近,撮り鉄絡みの記事ばかりでゴメンなすって。

撮影ポイントって、いつでも撮れるってことじゃないのは
ある程度の期間,撮影していたら自ずとわかってくる。
お気に入りの場所を発見しても年月が流れると
様子が変わってしまうことはそう珍しいことじゃない。

僕の行動範囲の宮津線西側などは特に自然豊かな場所(要するに田舎ってこと)を
走るので草木の成長などで見通しが利かなくなったり、
最たるものは空き地に建物が建ったりして、「ありゃまっ」
なんてことに・・・
このブログに載せた写真のいくつかは今は撮れない状況になっている。

反対に新たに撮影できるようになったところもある。
そういったところは足しげく探しまわったり、
乗り鉄を楽しむ際に沿線風景をガン見するのが一番。

下の写真も最近になってから撮影できるようになったところ。
写っている木々は広葉樹なので色付いた時が今から楽しみ〜
どこなのかは今は内緒・・・

山あいにて.JPG
posted by chosan at 23:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

由良の彼岸花は風に吹かれてユ〜ラユラ

水路ぶちの彼岸花.JPG


以前何度か乗り鉄を楽しんでいたとき気がついた。
丹後由良駅のある由良地区は沿線に彼岸花が多いなぁって。
そんな記憶をもとに由良まで・・・

彼岸花と夢列車.JPG


コンクリートで護岸を固めた水路ぶちに真っ赤な彼岸花が咲いていた。

由良を走るあかまつ.JPG


何年か前の記事に書いたが彼岸花の根には毒があって
土手や畦に植えてモグラや虫に穴をあけられないように植えられることが
あるそうだが、この水路のようにコンクリートで固められたら
昔のような心配はないわなぁ。

列車を見上げる.JPG

これは由良じゃないけど・・・


今となっては季節を感じる綺麗な花です。

posted by chosan at 13:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

咲き出した彼岸花

福田川の彼岸花.JPG


沿線のあちこちに咲いている彼岸花。
年によっては暑かったり肌寒いときになっても
この花はお彼岸あたりにちゃんと咲くんだなぁ。
生き物でいう、体内時計みたいなものがあるんだろうかと
想像したくなる。

この花は葉っぱが目立たず長い茎の先に真っ赤な花が咲くので
どこに咲いていてもよく目立つ。
その割には開花の時期が短くて咲いたと思ったら
すぐに花が薄白くなってしまう。

くろまつと彼岸花.JPG


幸いなことに今日は天気に恵まれたので朝早くから機材を車に乗せて
撮影しながら西へ西へ・・・

栃谷川の彼岸花.JPG


今年は例年よりも季節の移ろいが少し早いようで
朝晩が寒くて風邪気味の人が周りに多い。
彼岸花咲くこの時期、
いつまでも薄着でいると本当に風邪ひきまっせ!
「しっかり着込んでいたら、ヒガンバナ(ひかんわなぁ)」

おっ、寒っ、 反って風邪ひきそう・・・

posted by chosan at 22:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

丹後ウルトラマラソン

ウルトラマラソン.JPG


毎年恒例の丹後100kmウルトラマラソンが今日、行われました。
今回も3358人という大勢のエントリーされ
更には今回は国際親善プレ大会として企画ということで
15人の外国人ランナーを迎えての開催でありました。

僕も知り合いが多く参加されるので毎回、写真を撮りながらの応援。
まだ夜明け前から網野町浜詰の町中で選手を待ち構えていると
薄暗い中を先頭ランナーが走り抜けた後
来るわ来るわ、次々とランナーの皆さんが軽快に走っていきました。

知り合いのランナーのゼッケン番号を控えていたんだけど
あまりに大勢で判別つかへん!
お目当てのランナーがおらんなぁと困っていると
(ここ、笑ってやって下さいまし・・・)
ランナーから僕の名前を呼んでもらう始末 (笑)

日中は日差しが強く、暑い中での走りになりましたが
多くの方が感動の完走ゴールをされました。
この大会,大勢の方がKTRで丹後入りされています。
そりゃ、これだけ走った後に車の運転は辛いわなぁ。
目に焼き付けた丹後の風景と大いなる達成感を抱きながら
ゆっくりKTRに揺られてお帰りください。
そしてまたのお越しをお待ちしています。

posted by chosan at 19:12| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

僕って天の邪鬼?

あのですね、こうやってブログを始めだした頃から
思っているんだけど
どうも僕は人と違う撮影ポイントを探したがるようでありまして
(他人目線のような表現だな・・・)

宮津線の西側での撮影が多い、
つまり家から近いということは行動範囲が狭いってのもあるんでしょうが
撮影スキルが低いので鉄板ロケーションではアラ隠しができん。
だから人が行かないポイントや山に登ったり、
つまりは天の邪鬼的な写真が多いんよね。

この写真もそう,
でもこの撮影ポイントで列車待ちをしている時間、
ヤブ蚊に刺されまくり。
思いつきで登ったものだから虫除けスプレーなんて
していなっくて、手足、おでこにほっぺに蚊に刺された痕がいっぱいで
帰宅してからカミさんがビックリしてた。

それにしては大した写真じゃないってですか?
ハイハイ、自己満足の域を脱しておりません,シュン・・・


奥大野若宮神社俯瞰.JPG
posted by chosan at 04:43| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。