2015年03月03日

ブログ引越のお知らせ


大宮路を走る夢列車.JPG

4月から長年親しんだKTR、北近畿タンゴ鉄道が上下分離方式による運用を
始め、京都丹後鉄道へと変わる。略称も丹鉄へ。
我らが応援する鉄道が名前を変わるのにブログはそのままってぇのは
なんかしゃんとせんなぁと感じとったんです。

そうだ、リニューアルしちゃいましょ。
ついでにブログサイトも変えちゃってね。
実は2月初めから準備しておりました。
なんせ、パソコン苦手な僕がやる事なので時間かかっちゃいました。
器用な事は出来ない故にいたってシンプルなブログデザインでございます。
今までのブログサイトに不満がある訳じゃないんだけど
ちょいと横写真がもう少し大きく表示できればなぁというのが
一番大きな理由。
少しだけ大きくなる分,アラ隠しも辛くなるんで一層上達しなければと
自分に言い聞かせとります。

今までのこの「きばろうで!KTR」も残させてもらいます。
日記代わりのブログ、僕自身が回想したりダブった記事写真を
アップしないようにするのにも使いたいですしね。

それと更新久しいブログへのリンクを一旦外させてもらいます。
それぞれの管理者さんには個別に連絡、承諾いただいております。
再開、リニューアルされましたらリンクを貼らせてもらおうと思っています。

このブログも3月末まで更新続けますのでよろしくお願いします。
4月からは「きばろうで!丹鉄」を更新始めますので
ブックマークお気に入りの登録、他のブロガーさんに於いては
リンクの再登録をしていただければ幸いです。

「きばろうで!丹鉄」〜京丹後鉄道を応援する写真ブログ
http://tantetu.blog.fc2.com
posted by chosan at 18:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

変わる駅名(その4) 野田川

野田川駅.JPG


木津温泉駅同様に3度目の改名となる野田川駅
4月からは与謝野駅。
国鉄JR時代は「丹後山田」
これは駅のある地区名の旧野田川町の山田からなる。
平成大合併により2006年、野田川町は岩滝町、加悦町とともに
与謝野町となったため、今回の京都丹後鉄道を機に改名となったんだろうね。

1985年に廃線となった近畿北部唯一の加悦鉄道の接続駅、
また近くの金属精錬工場への専用線もここから始まっとった。
双方の廃線跡は今はサイクリングロードとして活用されているですよ。
駅待合室に隣接する資料館内にはその時の資料や駅構内のジオラマがあり
賑やかな様子を窺い知る事が出来る。

野田川駅遠望.JPG


駅運営は与謝野町が行っていて今、駅業務の臨時職員を募集中なんだと。
http://www.town-yosano.jp/wwwg/info/detail.jsp?common_id=267891
応募資格はパソコンが出来る人 (苦手だけど一応出来ます。)
心身共に健康な人 (ちょっと性格変わっとるかな・・・)
えぇなぁ、個人的には応募したいんだけど・・・

今駅ではトイレの改築工事中、
きれいになったトイレを誰もが大切に使いたいですね。
工事完了したら真っ先に行こうかな?

・・・勝手に行っトイレ・・・


野田川駅勢揃い.JPG


posted by chosan at 00:01| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

変わる駅名(その3) 但馬三江

但馬三江駅全景.JPG


愛称名が正式な駅名になる但馬三江駅
新たな駅名はコウノトリの郷駅
但馬三江駅は早くから愛称名が着いた駅でここから車で数分のところに
兵庫県立コウノトリの郷公園がある。
ここでコウノトリの保護増殖、野生化に向けての研究、環境教育などを
行っている。
http://www.stork.u-hyogo.ac.jp/equip/index.php

但馬三江駅舎斜景.JPG


近年,コウノトリの郷駅応援団員であるご夫婦が
駅舎を利用して蕎麦屋さんを開店しておられる。
その名も「ぽっぽや」
僕も頂いた事があるが素人のお店と銘打っておられるが
その味は絶品。ぜひご賞味あれ!
営業日は月4日、土日にされていますので
下記リンクで確認してお越し下さい。
KTR ホームベージから
http://ktr-tetsudo.jp/enjoy/event/data/event_poppoya.html
ぽっぽや ブログから
http://ameblo.jp/popoyaayu/entrylist.html

但馬三江駅ホーム.JPG


宮津線の駅舎は国鉄JRからKTRに変わり次々と駅舎が改築されたが、
この駅のみが昔のままの駅舎であり
趣ある佇まいで僕も好きな駅の一つなんです。
小さな小さな駅ですがぜひKTRに乗って訪れて下さい。

みんなで行コウ・ノトリ (笑っておくんなまし・・・)

803但馬三江到着.JPG
posted by chosan at 06:18| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

撮り&乗り+歩き(えっ?)

夢1号がやってくる.JPG


今日,僕としては珍しく予定の無い土曜日の休日。
おまけにカミさんも予定があって一日外出・・・
こりゃ、滅多に無い一日自由時間(バンザーイ!)

夜も明けきらぬ時間から出発して
但馬三江駅を始めに西側をウロチョロと撮影。
「そうだ、赤松に乗ろう!」と、お昼時に木津温泉駅から赤松に飛び乗った。
久々にお会いしたアテンダントさんからも
「久しぶりじゃないですかぁ!」と声を掛けていただいた。
すみません、それでも一般列車にはちょこちょこと乗っていたんですが
赤松は4月から乗ってませんでしたね。
(コレッ、それでもKTRファンか!)

赤松車窓から.JPG


車内でアテンダントさんや初対面のお客様とお話ししたり
カメラのシャッターを押してさしあげたりで
楽しかったですね〜。
あるお客様はご夫婦で名古屋の方からお越しとの事、
夕日ヶ浦温泉にお泊まり予定だそうなのだが
わざわざ赤松を楽しもうと乗車されたそうだ。
終点豊岡駅でも赤松車両と一緒にとシャッターを押させてもらった。

車内で一服.JPG


皆さんご承知でしょうが豊岡到着の後、次の上り列車は折り返しの赤松2号出発まで
約1時間の間が空く。(な〜んか、もったいないな〜)
そうだ、但馬三江駅まで沿線をロケハンついでに歩こう。
豊岡市街地から円山川橋梁,そして変わり種の東畑橋梁と巡りながら
但馬三江駅に到着すると、程なく赤松2号が到着
再び赤松車両内の人となりました。
そうそう、下りの赤松でシャッターを押させてもらった名古屋からお客様から
お礼にと大判焼きを頂きました。ごちそうさまでした。

東畑橋梁を渡るCT.JPG


思うんだけど、青松赤松車両は鉄道の旅の楽しみを
乗客が一つのリビングのなかで共有しているような感覚を覚える。
背もたれ一般列車よりも低く皆さんの姿が見えやすいってこともあるんだろうな。
久々の赤松乗車,僕としては本当に楽しかったです。
みなさんも是非是非、乗って楽しんで下さい。

赤松、但馬三江到着.JPG
posted by chosan at 23:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

変わる駅名(その2) 木津温泉

木津温泉駅舎.JPG


現在の宮津線で駅名が変わるのは西側の駅のみ。
今回ご紹介するのは京丹後市内にある7駅の一つ「木津温泉」駅。
4月からは「夕日ヶ浦木津温泉」。
木津温泉というのは木津温泉駅周辺をさし、
車で約5分,海に面した集落である浜詰地区にあるのが夕日ヶ浦温泉。
今回の改名によって夕日ヶ浦温泉の最寄り駅というイメージしやすさを狙ったらしい。

木津温泉の歴史は古く京都府最古の温泉とされ、
奈良時代、行基という僧侶が木津に発生した疫病対策にここに湧き出ていた温泉に
住民を入浴させて大きな被害から免れたという言い伝えがあるそうだ。

方や夕日ヶ浦温泉は1980年に温泉の無かった浜詰地区に
共同で掘削を行い湧き出た新しい温泉。
歴史が違えば、泉質効能も違うようで近場で双方の温泉を楽しめるのもえぇんでなかろうか。

木津温泉足湯.JPG


春になれば駅構内の桜が綺麗で、また芝桜も愛でる事が出来る。
ホームに足湯があるのもKTRではここだけ。
お地蔵様に見守られながらまだまだ寒い丹後で
足湯に浸かりながら列車と足音が聞こえてきた春を待ちましょうか!

木津温泉駅出発する801.JPG

posted by chosan at 22:32| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

変わる駅名(その1) 厚中問屋

厚中問屋駅.JPG


4月から京都丹後鉄道へと変わる際に駅名が変わる駅が7つある。
宮福線では唯一変わる駅が厚中問屋駅。
新しい駅名は「福知山市民病院口」駅
この駅名の由来は以前、記事のなか盛り込んだことがあるが
今回の改名は利用者により解りやすくする為の配慮だろう。
確かに市立福知山市民病院の最寄り駅は此処だもんね。

厚中問屋駅銘板.JPG


駅前には宮福線開通記念碑があり、
明治に始まった鉄道開通への陳情から北丹鉄道、宮福鉄道への歴史が刻まれている。
上下分離方式に伴う鉄道名の変更をこの記念碑は静かに見守ってくれるでしょう。



宮福線の終着駅が此処と勘違いして降り立った親父さんが
間違いに気がついて思わず言った。

っ、つなか”とんや!

新駅名ではギャグれんわな〜 (やめとけってですか?)


厚中問屋駅の記念碑.JPG


posted by chosan at 19:29| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

雨男でもなく、晴れ男でもない。

金引滝俯瞰.JPG


今日も早朝から家族に気付かれぬように
そっと車を出して撮影に行ってきました。
(疾しいものは、何一つないんですよ。(笑))

この季節なんで仕方あらへんけど、
なかなかお天道様は顔を見せてくれへん。
たまに朝焼けが綺麗な時があるけど、そういう時は大概仕事の時なんだわ。
せっかくの休みなんで空模様を気にせずカメラを片手に動き回っとるんだけどね。
そういえば、よくよくパソコンの中にある写真データを見てみると
天候のいい時、青空をバックにした写真って少ない。
晴れ男では無いってことやね,でもそんなに雨に降られてってことも
自分ではないと思っている。

ってことは、僕って曇り男・・・・
なんちゅう中途半端なんだろ〜

くろまつ宮村出発.JPG


posted by chosan at 20:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

きばろうで!受験生

山田踏切の705.JPG


今日は丹後で某私立高校入試の日でありました。
3年前の今日、あおたん3連の運行をコンデジで撮影したんです。
後で解ったことですが受験生が多いのでKTRが対応したようなのです。
http://chosan-ktrblog.seesaa.net/article/251582694.html?1423565780

今年も同じように3連が走るのかと思っていたのですが
残念ながら通常運行でした。
実は僕の末娘もこの高校に受験する為にKTRを利用した一人なんで
早朝から駅まで送ってきました。
やはり同じように子供さんを送る車で駅前は大混雑!
生徒さん本人も緊張の面持ちだと思いますが
親御さんも大変ですよね。

また、2月下旬、3月上旬には公立高校の入試も立て続けに行われます。

受験生諸君、今までの努力の成果を遺憾なく発揮して
希望の進路、学校へと行けることを陰ながら応援します。
その時にはKTR、名前が変わって丹鉄で学び舎へと向かって下さいね。
posted by chosan at 20:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

磯砂山

磯砂山.JPG


久々に丹後のお国自慢的な記事でありますが
この写真の奥にある山、磯砂(いさなご)山といい、標高661m。
京丹後市のから登れる山の中でも高山(702m)、高竜寺ヶ岳(696,7m)、
太鼓山(683,2m)に次ぐ4番目の高さの山。
丹後七姫の羽衣天女伝説、そして全国1000カ所ある一等三角点を有する。
登山道は峰山町2カ所と大宮町から頂上へと整備されている。

頂上からは360度眺望が有り,展望台やコンクリート製のベンチ、
確か望遠鏡(観光地の100円入れて数分見れる者と同じ、もちろん無料)
ただし、僕が家族と登ったのが10年ほど前だからこの望遠鏡は今はどうなっているやら?

麓の府立峰山高等学校の校歌にも歌われている山なんですよね。
(元、楽天監督の野村克也氏の母校)

眺望が良いとは言え,
ここからKTRを撮影するのは距離が有りすぎて無理・・・(笑)
雄大な山ふところを走るKTR。
宮津線丹後大宮駅手前と峰山駅手前西側にその山容を見ることが
出来ますからよろしければ車窓から眺めてみて下さい。
posted by chosan at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月31日

宮福線界隈をうろうろと

MFを見上げて.JPG


皆さんご承知の通り,僕は宮津線西側で撮影を楽しんでいることが多い。
単なる行動範囲が狭いだけなんだけどここんとこ、
宮福線の宮津側をウロチョロとすることが増えてきた。
これと言った理由はないんだが
一旦廻りだすと今まで撮り回らなかった分、
新鮮みがあってなかなか面白い。

時にこの時期だから天候がすぐれず見栄えのしない写真で申し訳ないが
自分的にはロケハンモードで撮影している。
光の状態がいい時にはここから撮ってみようとかね。
列車のスジが皆目頭に入っていないものだからそれにも慣れようとしているのも事実。

エッ、しばらくするとダイヤ改正が控えているのに今更かよってですか?
確かに!・・・


上宮津小田俯瞰.JPG

posted by chosan at 15:53| Comment(0) | 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。