2014年10月20日

KTR ハロウィン 2014

岩滝口のあおまつ.JPG


誰もがご存知のKTR観光列車、あおまつ、あかまつ、くろまつの車内を
ぷちハロウィン風の飾り付けをされるそうですよ。

今度の週末、10月24日の金曜日から26日の日曜日まで!
おぉ、三日間もやっとくれるのは嬉しいだにゃ〜きゃあ。
先週末、豊岡駅で行われた「鉄道の日 ふれあいまつり」は
仕事だったし、(本当は休みをとって地区行事の準備をしてました)
何かとKTRのイベントには縁遠い思いをしていたので
今回は楽しませてもらおぉっと!

ナニナニ,乗車されたお子様にはアテンダントさんからプレゼントとな!
(中学3年生の末娘を連れて行こうかな・・・)
そしてプレゼントを父親の権限でイタダキ!
(大人げない父親とは僕のような奴です)

えっ、ワンポイントでも仮装してきた人には大人にもプレゼントが
もらえるそうですよ。
あっ、そうそう、くろまつだけは5日前までに予約してね。
ようし、行くぞ〜乗るぞ〜プレゼント欲しい〜

僕の場合、普段着で乗車しても周りの皆さんには
サルの着ぐるみを着ているように見えてしまったりして・・・
オイッオイッ!
posted by chosan at 21:12| Comment(2) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

秋祭りの丹後へいらっしゃい

栗田出発の705.JPG


この週末、丹後は秋祭りが行われる地区が多い。
与謝野町や京丹後市久美浜町の一部のように
春祭りがあるところは秋祭りをしていないところもあるけど
概ね丹後全域でこの時期に秋祭りがある。
御神輿や山車、神楽に獅子舞。
その地区によって祭の内容は様々だけど
地元民によって厳かに、賑やかに行われる。

KTRと秋祭りをコラボして撮影できたらえぇなぁ。
ローカル線の雰囲気をカメラに収めたいのは
やまやまなんだけど
僕も中学生の頃から地元の秋祭りに
ガッツリ関わっているから
そりゃチョッと無理ってもの。

世間一般に3連休なんですよね。
KTRに乗って郷土色豊かな丹後の秋祭りを
楽しみにお越し下さいな。



posted by chosan at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

運転席の乗り心地

ワラ立て.JPG


僕たち鉄道好きにとって
乗り鉄を楽しむことも多い。

そんな傍ら列車を運転する人、そう運転士さんのことが気になった。
みなさん、あおたん等の普通列車の運転座席をご存知だろうか?
それは乗客の座席に比べ、あまりに小さく運転室も狭い。
座面のクッションなどは如何なものなんだろうか。
運転席に座ることなど一般的には機会がないが
僕は一度だけ経験がある。
2年前の夏に行われたKTRファン感謝デーで当時運用復活間近の
701号車、通称、夢1号のシートに制服をまとって座ったけど
うれしまくりで座り心地なんか、てんで忘れちまった。(汗っ)

そう座り心地が良さそうに思えない運転席で
宮津線なら片道2時間ばかりの運転業務は
仕事とは言え、大変そうなんだがどうなんですかね。
腰痛などにはならへんのでしょうか?
よろしければ申し出いただけたならば
喜んで腰等を揉ませていただきましょう!

50の中年親父になんか、いらんわいってな声が聞こえてきそう。
そりゃ、確かに・・・ハイッ、ハイッ
posted by chosan at 22:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

稲木

赤坂の稲木.JPG


秋の田んぼにある稲木、
刈り取られた稲を天日干しするためのもの。
昔は木や竹を荒縄等で括り付けて組まれていたけど
金属製のパイプ等で組まれたものが殆ど。
と,いうより稲刈り作業がコンバインによって
行われるようになってからは殆ど見なくなっちゃった。

刈り取られた稲束ではなく脱穀されたワラ束が
干されている場合も多い。
たぶん、野菜等を畑で作るときに使うんでしょうね。

丹後では稲木と呼ばれるが
関東の一部ではオダガケ、新潟等ではハザキ、
播州(播但線沿いね)ではハサカケと所によって
名前が変わるようだ。

数少なくなった稲木干し。
今の時代では貴重な秋の風物詩。
そばを通るKTR列車にローカル線らしさと
季節感を添えていますね。

栗田の稲木.JPG



posted by chosan at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

ススキ

白木踏切のススキ.JPG


秋を感じさせるススキ
まだ綿毛になるまでの赤みのあるススキに
綿毛が逆光で輝くススキ。
どちらも僕は・・・ス、スキ・・・
(笑っておくんなまし・・・)
今,沿線ではススキとセイタカアワダチソウが背丈を競っている。
一般的にススキの方が絵にされやすいんよね。

沿線でススキの原っぱが綺麗なところを知っとんならへんですか?
良く河原でススキが多いところは見るんだけど
沿線ではチェック不足なんですよ。
ご存知の方はよろしくお願いしますね。m(_ _)m

野田川ススキ.JPG
posted by chosan at 22:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

憧れの列車通学&通勤

夕日に照らされて.JPG



KTRで通学,通勤されている方にとったら何でもないことなんでしょうが
僕自身,列車での通学,通勤ってのをしたことがあらへんので
個人的に憧れとるんです。
小学生では歩き、中高校生の時は自転車,
社会人になってからは自家用車通勤。
丹後ではこういった人は少なくはないでしょうね。

でも、朝の出社時に峰山駅付近で見る216Dや
夕方に勤務先の前を通過する240Dと243D等を見ると
列車での通学,通勤もえぇなぁって思う。
さすがにこの歳になって通学ってのは無理だから
通勤・・・ってのも難しいなぁ。
まさか転職するわけにもいかんし・・・

面白いことに大抵、通勤通学のときは
座席や立ち位置は同じようなところになるそうだ。
これは昨年までKTR通学をしていた長女も言ってた。

列車通勤は憧れとして
カメラのレンズを向けたり
通り過ぎていく列車を眺めたり
時には休日に乗ってみたりして楽しませてもらいましょうか・・・

posted by chosan at 23:21| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

キンモクセイ

キンモクセイ.JPG


クン、クンッ
何処からともなく良い香りがせぇへんですか?
あちこちの家の庭先、公園などに植えてあるキンモクセイ
濃い緑の葉っぱのなかにあるオレンジ色の小さな花の集まり。
そこから香る秋の匂い。

丹後の中には10月初旬に秋祭りを迎えるところが多い。
僕の住んでいる地区もその一つで中学生の頃から参加している。
その練習が毎晩のようにあり、練習場へ向かう夜道で
香るこのキンモクセイがとても好きなんです。
僕の記憶が確かならば
京丹後市に合併した旧町のひとつ大宮町の木でもありました。

このキンモクセイを絡めて写真を撮ろうと考えていたけど
なかなか良いポイントにこの木が見つからない。
宮福線の大江ー公庄間に並走する国道の街路樹にあったり
公庄駅前,辛皮駅のホームの向こうに小さな木はあるけど
イマイチねぇ。(乗り鉄して探してました。)

宮津線沿線のお宅の庭先で見つけたキンモクセイ。
ちょうど家のご主人さんがおられたので
お願いして庭先に入らせてもらいました。
少し小振りの木の下でしゃがみながら
良い香りに包まれて、列車を待つのも秋を感じることができて
えぇですよ。

ご主人さん、ありがとうございました。m(_ _)m
posted by chosan at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

サル

タイトルから僕を連想した人、
イエローカードですっ!

コスモス畑を後にして.JPG


またもや,日曜日の話。
由良川橋梁近くのコスモス畑で
列車待ちをしていると・・・
そばの農道をサルがタッタカ、タッタカ・・・

こりゃ、何かしでかしそうだ・・・
追跡だ!
ほどなく小さな柿林へ (やっぱり・・・)
動くものが見えたのでレンズを向けると
葉っぱの中から此方を伺っている。

御主、隠れたつもりでも解っておるわい、フッフッフ


覗き見るサル.JPG


とっさに此方を伺いながら逃走、そして姿をくらました。
ウッ、我ながら一生の不覚

逃げサル.JPG

ルパン三世の石川五右衛門風に
「また、つまらぬものを撮ってしまった・・・」


しばらくして先ほどのサルが由良川橋梁の方へ
まさか・・・
追いかけてみると由良川橋梁を渡っているではないか!
この不届きもの!
連れ戻そうと橋梁近くの築堤に登ろうとしたら
線路敷地内という結界(?)に阻まれ足が動かない。(笑)

さては、対岸の槇山のサルだな。
由良ヶ岳のサルは線路内には入らん (ホンマか?)

列車待ちに出会えたサル君のお話でした。


posted by chosan at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。